手作りの風合いがお洒落な結婚指輪です。

『手作り』で作る指輪は、“WAX”と呼ばれるロウ材を使って指輪のもととなる型を作るところから始まります。
(詳しくは<手作り指輪>のページをご覧ください。)
角を作るように削ったり、丸くなるように整えたり、完成形を想像しながら作っていきます。

こちらの指輪はWAXをランダムに、且つ、荒っぽく削り上げることで雰囲気を出しています。

手作りした指輪の原型

ヤスリを使って削る際にできるザラザラとした“ヤスリ目のあと”をあえて残すことにより、クラフト感を表現しています。
削り方や、力の加減、また、作り手によっても表情が変わるので、同じものは一つもない
同じものは作れない、オンリーワンの指輪に仕上げることができます。

堅くなりすぎずカジュアルに着けることができたり、
『ふたりが作った』という事を感じやすいデザインということで最近では非常に人気が高いです。

クラフト感のあるプラチナの結婚指輪

お互いに作り合いっこだと、粗いテクスチャーひとつひとつにも愛着が持てます。

結婚指輪を手作りするカップル

もちろん婚約指輪にも

クラフト感のある婚約指輪

使う素材、金属表面の仕上げ加工、またはボリューム感(リング幅)を変えることで
ご自身に合ったテイストに作り上げていけるので、
デザインに悩んだ時の参考にしてみてください。