4Cとは

4Cとは、ダイヤモンドのグレードを示すための基準要素で、カラット(Carat)、カット(Cut)、カラー(Color)、クラリティ(Clarity)の4つの項目があります。

  • カラットは、重さのことで、1カラットは0.2g。記号はctと表記されます。
  • カットは、宝石のシェイプ、スタイル、フィニッシュ、プロポージョンのことを表します。(※)
  • カラーは、無色の度合いを指します。無色に近いほど、カラーグレードが上がります。
  • クラリティは、透明度のことで、傷やクラック、内包物などがあると透明度が落ちるため、それらの程度を表すことに使用されています。

(※)カットを表す各要素(シェイプ、スタイル、フィニッシュ、プロポージョン)について

  • シェイプとは、宝石を上から見たときの、外郭の形状のことを指します。
  • スタイルとは、カットの種類のことを指します。例えば、ブリリアントカット、ステップカット、カボションなど。
  • フィニッシュとは、宝石の研磨面の平滑性とシンメトリー性。
  • プロポージョンとは、宝石各部の相対比率や角度、パビリオンの深さなど。正しい形状でカットされているかどうか。