ブラウンゴールド製の結婚指輪

アトリエクラムで1、2の人気を争う素材、“ブラウンゴールド”。最近お渡しさせていただいたお客様の中から、ブラウンゴールドで仕立てたご結婚指輪をいくつかご紹介いたします。

K18ブラウンゴールド とは

シャンパンゴールドにも似た色で人気のブラウンゴールド製の甲丸ストレートデザインの結婚指輪(マリッジリング)(K18ブラウンゴールドの甲丸リング、鏡面仕上げ)
金、銀、銅の金合金に、さらにパラジウムなどいくつかの素材を加えることで、色味を調整したアトリエクラムのオリジナルの地金です。イエローゴールドのような華美さはなく、落ち着いたアンティーク調の色味が男女年齢問わず着けやすい素材です。マット加工との相性が良く、デザインアレンジの幅が広いことも魅力です。経年変化による色味の変化はほとんどありません。

シンプル × マット

太めと細めのペア結婚指輪
ボリューム感のあるリングと、細めのリングのご結婚指輪。幅広リングには同一方向に走るライン状のテクスチャー“ヘアライン加工”、細身のリングは粉末状のダイヤモンドを用いた工具でざらりとした質感に仕上げる“ダイヤバー加工”が施されています。幅広リングは武骨な金属感があり男性的で、細見のリングは光沢とはまた違う輝きが女性的ともいえます。

ブラウン × カラーストーン

ダイヤモンドとバースデーストーンがセットされた個性的なブラウンゴールドの甲丸リングの結婚指輪(マリッジリング)
表面にダイヤモンド、ガーネット、サファイアがセッティングされたご結婚指輪です。地金と誕生石で多色になる為、一見奇抜な配色にも思えますが、ワントーン落ち着いた色味のブラウンゴールドが全体のバランスを整えてくれています。

ブラウン × 鎚目模様

槌目(鎚目)模様が入ったブラウンゴールドの結婚指輪(マリッジリング)
指輪の全周に“鎚目”(ハンマーで叩きいれた打痕)が入ったご結婚指輪です。ハンマートーンとも呼ばれる鎚目は、手作業で打ち入れるため同じ形は二度と生み出せないオンリーワンの模様になるということで人気があります。こちらのご結婚指輪は、金属になる前のWAX原型の時点で、鎚目模様のテクスチャを入れて表現をしています。マット加工との相性が良いデザインです。

ブラウン × ミルグレイン

両サイドにミル打ち加工されたマリッジ
指輪の両端に並ぶ粒は“ミルグレイン”といいます。『千の粒』を意味するミルグレイン。『千』には永遠・子宝・長寿などを連想させる為、縁起が良いとされています。デザイン自体は、ブラウンゴールドの雰囲気と相まってクラシカルでアンティークな印象に仕上がります。

ブラウン × Vライン

Vシェイプまたは、V字ウェーブの結婚指輪・マリッジリング
きちっとしたベーシックなVラインのご結婚指輪です。表面にはさらりとした肌触りの“ホーニング加工”が入ります。“ホーニング”とは、指輪の表面に細かなガラスの粒子を均一に吹き付け、肉眼ではわかり辛い凹凸をつけることで金属特有の光沢感を抑える加工です。落ち着いた雰囲気に仕上がるので、きらきら感があまり好みではない方も着けやすい、大人な印象に仕上がります。
ころんとしたフォルムが可愛らしいご結婚指輪です。


素材と加工、デザインの組み合わせで様々な表情に変わります。ぜひデザインの参考にしてみてください。