金属アレルギーとは

近年、アクセサリーやジュエリーを使用する人を悩ませているのが金属アレルギーです。金属が汗などで溶け出し身体に入り込み、身体がそれを不純物と判断して、結果かぶれ等を起こします。結婚指輪となればずっと身につけるものなので、この症状は大きな問題となります。金属アレルギーは体質に関係なく「誰でも突然に起こる可能性がある」と言われており、近年その人口は増えています。
また、普段は何も症状が出ない方でも、体調により突然症状が現れる場合もあります。金属アレルギーを起こして肌に異常が現れた経験をお持ちの方はご自身がどの金属に反応を起こすのか、医療機関等で検査を受けることで、ご自身の金属アレルギーの種類を知ることが出来ます。ご心配のある方はアレルギーが出ない、あるいは出にくい金属で結婚指輪や婚約指輪をオーダーすることをおすすめします。

アレルギーフリー素材について

アトリエクラムでは金属アレルギー対応の素材として、

  • チタン(Titanium)
  • タンタル(Tantalum)
  • ジルコニウム(Zirconium)
  • ニオブ(Niobium)
  • サージカルステンレス(Surgical Stainless Steel)
  • プレミアムゴールド(K22)
  • プラチナ(Pt950+Ir)※

の7種類の金属素材をご用意しております。 金属アレルギーが原因でブライダルリングを諦めてしまう前に、一生に一度の大切な指輪ですので、ぜひアトリエクラムへお気軽にご相談下さい。 ※アレルギー要因になりやすいパラジウムを使わず、アレルギーを起こしにくいといわれているイリジウムを使用したプラチナです。

アトリエクラムで人気の3素材をご紹介します

タンタル

金属アレルギー対応の結婚指輪

【タンタルとは】現時点では、今まで一度も金属アレルギーの報告されたことのない金属で、人工骨やインプラント、人工心臓のパーツなどの医療用途にも使われています。光の反射率が最も低い為、「地球上で最も黒い金属」と評される素材です。タンタル専用ページをご用意しております、ぜひご覧ください。

タンタル-tantalum-

チタン

【チタンとは】耐熱性・耐食性に優れており、軽量なため航空機などにも使用される素材です。紫外線を遮蔽する作用があることから日焼け止めや化粧品にも使用される実は私たちにとって非常に身近な存在です。医療用にも使用されることが多く、アレルギーが出にくい素材として注目されています。

チタン -titaniumL-

サージカルステンレス

【サージカルステンレスとは】耐久性に優れており、硬度も高くキズが付きにくいのが特徴です。SUS316という種類のステンレスを使用しており、色味はプラチナに近く、結婚指輪としても人気があります。手作り、オーダーメイド、カスタムオーダー全てのコースで取り扱っております。

サージカルステンレス -SUS316L-

日本全国のお客さまからご依頼を頂いております

アトリエクラムは新潟県内に2店舗。新潟店は新潟市女池愛宕、長岡店は長岡市古正寺にございます。店舗では「手作り」「オーダーメイド」「カスタムオーダー」すべてのコースで金属アレルギー対応の結婚指輪・婚約指輪をおつくりいただけます。
また、姉妹店のArtisan Worksは新潟市の家具店SHSの中にあり、気軽にお立ち寄りいただけます。Artisan Worksでは、「オーダーメイド」「カスタムオーダー」をご利用頂けます。

ご来店予約

来店できない‥ならオンラインで!

【おうちで指輪えらび】
遠方でご来店いただけないお客さまには「おうちでフルオーダーメイド」もしくは「おうちでカスタムオーダーメイド」でおつくりいただけるコースもご用意しております。サージカルステンレスのみ「おうちで手作り指輪」も可能です!
また「オンラインストア」ではアレルギーフリーのリングホルダーネックレスなど、一部の商品をご覧いただけます。

【SHOP Information】