鍛造と鋳造

指輪の製法には『鍛造(たんぞう)』と『鋳造(ちゅうぞう)』の2パターンがあります。

まず『鍛造(たんぞう)』とは、プラチナやゴールドなどの金属をローラーで延ばしたり、ハンマー等で叩いて成形する製造法です。
延ばしたり叩くことで、金属内部に出来た細かな空洞を圧着させ、密度を上げることにより金属の強度を高めることができます。
古くからある伝統的な製法でもあります。
「叩く」作業を「鍛え(て造)る」ということから『鍛造』という名前がきています。

一方の『鋳造(ちゅうぞう)』は、既に成形された型に溶かした金属を流し込み、冷やして固めて製品を作る製造法です。
複雑な形状でも成形できるという点で、家電製品のパーツや日用品なども鋳造製法で作られるものが多く、私たちの暮らしに比較的身近なものでもあります。
鋳造で使う型のことを“鋳型”、鋳造で作られた製品のことを“鋳物”と呼びます。

アトリエクラムの結婚指輪について

アトリエクラムから生まれる結婚指輪は、基本的には『鋳造(ちゅうぞう)』製法でお作りしています。
指輪作りでは、“ワックス(WAX)”と呼ばれるロウ材を使い指輪の原型を作成、石膏(せっこう)で型を取り、鋳型を作ります。
石膏で型を取る際に、ワックスを溶かして石膏の中から取り除くので『ロストワックス製法』とも呼ばれます。

新潟の結婚指輪・婚約指輪の専門店アトリエクラムでご結婚指輪を手作りしている様子

新潟市と長岡市の県内2店舗あるアトリエクラムの本社工房での鋳造作業
石こう型を作るためのWAXと、出来上がった石こう型に金属を流し込み、指輪の形に成形したもの。

デザインの表現の幅が広いことや、初めてワックスに触れる方でも簡単に作業できるという点で扱いやすい素材であります。

アトリエクラムの鍛造(たんぞう)結婚指輪

先述したように、アトリエクラムで人気の「手作り」コース、「フルオーダーメイド」コースで作る指輪は全て鋳造製法ですが、Artisan Works(アルティザンワークス)より生まれた新プラン「カスタムオーダーメイド」コース内では鍛造製法の結婚指輪の取り扱いもございます。

リーズナブルで人気のプラチナの鍛造結婚指輪(マリッジリング)
高純度プラチナ950製の甲丸デザインの結婚指輪。シンプルで洗礼されたデザインと、綺麗に仕上げられた内側の甲丸が優しく指を包み、しっとりなめらかな着け心地です。
ご注文を頂いてから、職人の手によりひとつひとつ完全な手作業で作られます。アトリエクラム新潟店・長岡店とS.H.S新潟鳥屋野店内Artisan Works by Atelier CraM他、アトリエクラム公式オンラインショップよりオーダーいただけます。

文字の刻印や、宝石のセッティング、表面の仕上げ方などの組み合わせで自分達らしい結婚指輪に仕立てていく事が可能です。

新潟で10万円以下で買えるプラチナ製の鍛造結婚指輪に手書きの文字

安いのに高品質なワケ

一般的なプラチナ製の結婚指輪より価格は抑えられているにもかかわらず、値段なりの薄い(あるいは細い)作りではなく、必要最低限の厚み、幅を確保しています。
作り手の目線から考えられた寸法感で一生身に着けるブライダルリングにふさわしい、安心感のある着け心地です。
工房直営という、オーダーから完成までの距離の短さで中間コストを抑えた適正価格でのご提供を実現しています。

職人が作るプラチナのシンプルで細身なデザインのマリッジリング

地金はブライダルジュエリーとして一般的に多く使われているプラチナ900よりも、さらに純度が高く、傷が付きにくいハードプラチナ950を使用。
その他、K18ホワイトゴールドやイエローゴールド、ピンクゴールドなどからもお選びいただけます。
全国各地より制作依頼を受ける職人が、熟練の技で1点1点丁寧にお作りいたします。

鍛造で作られた指輪は鋳造のものより強度も高く、運命のふたりと生涯寄り添う結婚指輪として非常に高い価値があります。

関連リンク
カスタムオーダー結婚指輪 Artisan Works by Atelier CraM アトリエクラム公式オンラインショップ