『リングホルダー』をもっと知ってもらいたい

WEBスタッフの新田です。
突然ですが、アトリエクラムで密かに人気の商品『リングホルダー』についてご紹介していきたいなと思います。

『リングホルダー』ってなに?

そもそも『リングホルダー』って?という方も多いと思うのでざっくりとお伝えしますと、指輪をネックレスとして着用できるアイテムです。
指輪をネックレスにして着けることが出来るリングホルダー
こちらです。
丸型のシルバー製リングホルダー
チェーンとリングを繋いでいるこの丸いパーツが『リングホルダー』と呼ばれるものです。(『リングホルダー』で検索するとディスプレイ用の三角コーン型リングスタンドや、落下防止にスマートフォンに付けるバンカーリングなどが出てきますが全て別物です。)

リングホルダーの役割

リングホルダーは「指輪をいつも身に着けていたい」という人に使って頂きたいアイテムです。例えば、「仕事柄指輪を着けることが出来ない」でも身に着けていたい人。ネックレスなら服の下に隠しておくことが出来るので、どんな時でも肌身離したくない人にはおすすめです。(お仕事によってはネックレスもNGな場合があると思うので、事前にご確認下さい。)
他にも、着け外しが多く指輪を失くしがちな方や、「サイズが合わないけど直すことが出来ない」、「怪我をしていて着けられない」など何らかの原因で指輪を指に着けることができない方にもご活用いただけるのではないかと思います。
アレルギーフリー素材を使用したリングをネックレスにできるリングホルダー
▼写真は角型のリングホルダーです。

「チェーンを直接リングに通せば良いのでは?」と思った人は少なくないと思います。ただ、直接チェーンを通すとリングが縦向きになってしまい、見栄えも悪く着け心地にも影響が出ます。間にリングホルダーを組み込んであげるだけで、スッと体に馴染んでくれますよ。

リングホルダーの使い方

こちらは分かりやすい指輪の通し方の動画です。

【手順】
1.チェーンを外した状態で左右にホルダーを広げる。
2.大きく開いた部分に指輪を通す。
3.ホルダーを閉じる。
4.しっかりと組み合わさったら、上部の穴にチェーンを通す。
5.完成

外すときは逆順にするだけでOK。チェーンを通すことでホルダーの可動はロックされるのでいきなり指輪が外れたりする恐れはありません。

デザインバリエーション

サイズと形が選べる、指輪をネックレスにすることが出来るリングホルダー
[1]形状・サイズ
主な形状は「丸型」と「角型」の2種類。サイズは「S」と「M」をご用意しております。それぞれの指輪の対応寸法は下表をご覧下さい。

形状/サイズSサイズMサイズ
丸型幅4.0mm×厚み1.8mmまで幅4.8mm×厚み1.8mmまで
角型幅3.5mm×厚み2.0mmまで幅4.8mm×厚み2.2mmまで

※表記寸法は目安です。指輪のデザインなどによっては対応寸法であってもご着用いただけない場合もございます。

スタイリッシュなスクエア(角型)のリングホルダー▼左から「フラット」、「鎚目(粗)」、「鎚目(細)」
どんな人も着けやすいラウンド(丸型)のリングホルダー▼左から「フラット」、「鎚目(粗)」、「鎚目(細)」

[2]デザイン
リングホルダーの表面部分のデザインは「フラット」と「鎚目(粗)」、「鎚目(細)」の3種類からお選びいただけます。「フラット」はデイリーに使いやすいシンプルさがあり、「鎚目」は人の動きに合わせて光の反射が揺らめく美しいデザインとなっています。

[3]素材
お選びいただける素材は「プラチナ950」、「K18イエローゴールド/ピンクゴールド/ブラウンゴールド」、「サージカルステンレス」、「シルバー925」の6種類での作製が可能です。お持ちの指輪と素材を合わせたり、あえて違う色味にしてファッショナブルな組み合わせにすることも出来ます。
※「K18ブラウンゴールド」のみ、チェーンは別素材でのご用意となります。

どこで購入できるの?

アトリエクラムのオリジナルデザインとなるので、アトリエクラムの実店舗(新潟店と長岡店)もしくは姉妹店のアルティザンワークスbyアトリエクラムにてサンプルのご試着やご注文を承っております。
店舗情報↓
アトリエクラム 新潟店 アトリエクラム 長岡店 Artisan Works by Atelier CraM

一部商品はアトリエクラムのオンラインショップでも販売しておりますので是非チェックしてみてください。

いつもそばに在る喜びを

あくまで“主役は指輪”であることを大切にすべく、シンプルでミニマルな設計となっています。ご自分用にもプレゼントにもオールラウンドに活躍できるアイテムなので、ぜひお手に取ってみてください。