どんな婚約指輪をプレゼントしているの?

いざ、プロポーズをしようと考えたときに、「いつ」「どこで」「どんな」と考えなければいけない事はたくさんあります。その中でもプロポーズの必須アイテムでもある『婚約指輪』はどんなものがいいのか日々多くの男性が頭を悩ませているのではないでしょうか。
少しでもお手伝いができればと、これまでに手作り・オーダーメイドされたご婚約指輪をご紹介していきたいと思います。

誓いの意味を込めたシンプルな婚約指輪

長岡市にお住いの男性は、自身の手で作る『手作りコース』でご婚約指輪をご制作。全体的に動きのあるウェーブデザインのご婚約指輪です。
プラチナ素材のシンプルなウェーブデザインの婚約指輪(エンゲージリング)
彼女さんに一番似合いそうと選ばれたウェーブラインのトップを飾るのは、上質な“OEZダイヤモンド”。そのすぐ隣に寄り添うのは男性の誕生石である“サファイア”です。ダイヤモンドを彼女さんにサファイアを自身に見立て、「ずっとそばにいるよ」という意味を込めた形になっています。
ずっと身に着けて頂けるように、シンプルにまとめ上げました。

猫好きに贈る、さりげな猫デザインの婚約指輪

フルオーダーメイドでお仕立てさせていただいたEさまのご婚約指輪です。
マット加工の施されたダイヤモンドが留まる婚約指輪(エンゲージリング)
パッと見た感じはストレートラインのご婚約指輪。
さりげなく猫のデザインが入ったプラチナの婚約指輪(エンゲージリング)
ですが、指輪の側面を見るとなんと猫の形をしているではありませんか。表面に施したマット加工は少し粗目のものをチョイスし、猫の毛並みを表現しています。彼女さんが飼っていたネコちゃんが数か月前に亡くなってしまったことをきっかけに、心の支えにして欲しいとの願いが込められた優しいデザインです。

ありきたりなものではない婚約指輪

「男のけじめとして指輪でしっかりプロポーズしたい!」と強いお気持ちでIさまよりご依頼いただきました。
お話しを伺うと、彼女さんの好きなものを贈りたいと、普段から好みを覚えるようにしていたご様子のIさま。彼女さんの好きなピンクゴールドをベースにデザインされました。
ピンクゴールドの華奢な婚約指輪(エンゲージリング)
彼女さんは星や宇宙なども好き、ということでダイヤモンドを留めている立て爪の本数を5本にし、星の形に見えるようにお作りいたしました。
ダイヤモンドの両隣に並ぶ“エメラルド”と“ムーンストーン”はおふたりの誕生石セッティング。「ふたりの為のリング感が出ました!」と喜んでいただけました。

スタッフがプロポーズサポート致します

3つのご婚約指輪をご紹介させていただきました。それぞれ贈る相手の好みを知り、指輪のデザインにうまく落とし込んでいますが、「好みが分からない」という方も多くいらっしゃいます。アトリエクラムでは、そんな方へのおすすめのプランのご用意はもちろん、絶対に外さない王道デザインや、お相手様のことをお伺いしてプロスタッフからデザインのご提案をさせて頂くことも可能です。
具体的なイメージがなくとも、まずはお気軽にお話しをお聞かせください。

関連リンク
婚約指輪 手作り婚約指輪 オーダーメイドの婚約指輪

ダイヤ持ち込みリメイク ダイヤの粒でプロポーズ プロポーズご相談窓口