Loading

結婚指輪&婚約指輪 Gallery

Marriage Ring・Engagement Ring

アンティークなデザインの結婚指輪(マリッジリング)

アンティークな結婚指輪(マリッジリング)

そもそも「アンティーク(antique)」とは、「古美術。骨董品。」の他に「年代を経て品格があること。また、そのさま。」というような意味があります。ただ単に古いものではなく、美術的・芸術的に価値のあるものを“アンティーク”と呼ぶようです。結婚指輪自体は、新しく作り出していくものではありますが、まるで美術館に展示されている美術品のように、美しく品のあるデザインをアンティークデザインと分類しています。

おすすめの素材・金属

K18ブラウンゴールド
アトリエクラム独自の割金配合で作る18金素材。プラチナとゴールドの中間色のような柔らかい色合いで年齢、性別を問わず多くの人に馴染みやすい金属です。アンティーク系のデザインや表面テクスチャ(つや消し等)とも相性が良いです。

アンティークリングにおすすめなデザイン
ポージーリング
はるか昔、13世紀~18世紀頃にヨーロッパで流行していた詩やメッセージを刻印した指輪。アトリエクラムでは指輪の表面にレーザー加工を行い、文字を見せるデザインとし、まるで洋書のような雰囲気のリングに仕上げています。
ミルグレイン(ミル打ち)
ラテン語で「ミルグレイン=千の粒」の意味を持つ粒状の装飾。終わりなく続くミルグレインは長寿や永遠、子孫繫栄といった意味を表しています。
ラフフィニッシュ
ヤスリで削った粗い目の雰囲気をそのままに仕上げたデザイン。独特な質感で醸し出される古めいた雰囲気にファッション性が高いという評価を得ています。全く同じものが作られない(=世界にひとつ)という点でも人気があります。